ロングライフモーターオイル

18万キロ交換不要の長寿命オイル

18万キロ交換不要のロングライフモーターオイル 天然パラフィンオイルを超える100%天然ガス由来の合成パラフィンオイルは世界初。
「劣化しにくい」「変質しにくい」 特長だから、性能ピークが長期間持続します。

■特長

1.金属摩擦の低減
-車輌エンジンは、金属と金属の摩擦を利用し、その空間に燃料の爆発エネルギーを閉じ込めて運動エネルギーに転換させます。

2.エンジン内の熱を放散させやすい
-エンジン内に熱がこもると金属が膨張し、金属間のすきまが多くなり圧縮比が下がります。 これらの特長によりエンジンの圧縮比が向上することでパワーアップし、燃費向上につながります。

性能ピーク値を長期間維持できること

■コスト削減効果

燃費向上による燃料費削減のほか、オイル交換回数の減少、排ガス減少に伴うさまざまなコストが削減できます。

■車輌稼働率の向上・オイル交換管理作業の軽減

ロングライフモーターオイルの最大の特長はその小劣化、耐久性です。通常1.5~3万キロで交換されているオイルに比べ、 6~12倍長持ちします。
その分、オイル交換に伴うオイル費用、オイル交換費用、オイル廃棄費用が減り、従来オイル交換で休業した車輌の稼働率も上がります。またオイル交換に要する時間分の車輌リース料・ドライバー人件費のロスを削減することにもつながります。

■CO2排出量の削減

燃費向上に伴い燃料使用量は削減される走行時のCO2排出のほか、オイル廃棄頻度が他社オイル利用比で1/6~1/12程度減少することから、オイル廃棄時のCO2排出が大幅に削減できます。

■資料請求


カタログのご請求はこちらから
ご希望の方、さらに詳しく知りたい方へ、無料カタログを進呈いたします。
カタログの申し込みはこちらをクリックしてください。

お問い合わせは・・・
お気軽にお電話ください。